ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大洲城

大洲城の写真です

 肱川の河畔に望む大洲城は、元弘元年(1331年)鎌倉時代末期に守護として国入りした伊予宇都宮氏の宇都宮豊房によって築城されたといわれ、その後、藤堂高虎等によって大規模に修築がなされ、伊予大洲藩の政治と経済の中心地として城下町は繁栄していきました。
 明治維新後は、城内のほとんどの建築物が破却されたものの、地元住民の活動によって本丸の天守・櫓は一部保存されましたが、明治21年(1888年)老朽化により、惜しくも天守は解体されました。
 その後、大洲城を愛する地元住民の城郭への保護活動と、市民による寄付等によって平成16年(2004年)に復元されました。
 四層四階の複連結式天守の復元にあたっては、明治時代の古写真や「天守雛形」と呼ばれる江戸期の木組み模型など豊富な資料を基に当時の姿を正確に復元されました。このように復元に必要な多くの資料が残っていることは大変稀なことで、大洲城の天守の復元は、まさに地元住民の想いと、史料研究の集大成と言えます。
 現在、江戸時代から残る台所櫓・南隅櫓など4棟の櫓は国の重要文化財、城跡一帯が県指定史跡に指定されています。

大洲城を南側から見た写真です大洲城内の木組の写真です

大洲城内から清流肱川を臨む写真です

大洲城から見渡す肱川と大洲市  戦後復元された木造天守としての四層四階は日本初で、19.15mの高さは日本一となります。また、本来なら建築基準法では認められない規模であったため、当時、愛媛県に建設計画をなかなか認めてもらえませんでしたが、2年近い折衝を経て、保存建築物として建築基準法の適用除外となり、往年の複合連結式による天守群の復元にいたりました。

使用された木材はすべて国産材で、天守の内部に足を踏み入れれば、城郭建築特有の迫力ある木組が訪れる人を驚かせます。

期間9時~17時 (札止め16時30分)
休館日無休
観覧料<普通観覧料>
大人500円 小人200円(中学生以下)
<共通観覧料(大洲城-臥龍山荘)>
大人800円 小人300円
 保護者の同伴する5歳以下の幼児は無料です。
 市内に住所を有する65歳以上の方は無料です。
 市内に住所を有し、身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持する方とその付添いの方1名は無料です。
 20名以上の団体の方は2割引です。
駐車場有り(70台)
※駐車場は市民会館駐車場(有料)または観光駐車場(無料)をご利用ください。観光駐車場にはバス駐車場(4台)もご用意しています。
所在地大洲市大洲903番地
問い合わせ先大洲城 電話:0893-24-1146
大洲市観光まちづくり課 電話:0893-24-1717

Googleストリートビュー

大洲城の様子をGoogleストリートビューでご覧いただけます