ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新谷藩陣屋跡

名称新谷藩陣屋跡(にいやはん じんやあと)
指定種別市指定
種別史跡
指定年月日昭和30年9月30日
所在地大洲市新谷町190の2(新谷小学校内)
所有者大洲市

概要

  新谷藩は、寛永16(1639)年、大洲藩2代藩主 加藤泰興(かとう やすおき)が、弟の加藤直泰(かとう なおやす)に対して、6万石の内1万石を分け与えて成立した藩です。
 直泰は、寛永19(1642)年、大洲城から約8km離れた新谷の地に陣屋(3万石以下の城を持たない大名が住む屋敷)と陣屋町の建設を命じ、同年家臣たちの引っ越しが行われました。

 この陣屋は、直泰統治以後、版籍奉還まで9代にわたって新谷藩1万石の拠点でしたが、明治以降は小学校として利用されるなど、新谷地区の教育の拠点へと移り変わりました。
 現在では、新谷小学校内にある麟鳳閣(りんぽうかく、愛媛県指定有形文化財)が、新谷藩の陣屋を偲ばせる唯一の現存建造物として残されています。

 

写真

新谷藩陣屋跡 新谷藩陣屋跡(現在の大洲市立新谷小学校)

位置図