おおずし キッズウェブ
キッズTOP > ひじかわのしくみ > ひじかわの名前の由来

ひじかわのしくみTOPページ



昔、宇都宮氏が大洲(大津)に城を築いた時、下手の石垣が何回積んでも崩れてしまうのです。誰かが、「これは神様の祟りだろう」と言い始めると、みんながそうに違いないと思いこんでしまいました。こういう時には、人柱を立てて、神様のおいかりをしずめるよりほかには方法がないと信じられていたので、さっそく人柱を立てることになりました。しかし、生きたままの人間を土中に埋めるのですから、自分から進んで人柱に立とうという人はありません。しかたがないのでくじびきで決めることになりました。運悪くこのくじに当たったのが「おひじ」という娘でした。
人々は何か最後ののぞみはないかと聞きました。すると、おひじは、「ほかに願いはありませんが、この川にわたしの名をつけて下さい。」といって土のなかに埋められました。不思議なことに、その後は石垣がくずれることもなく、立派にお城が出来上がりました。人々は、おひじの願いどおり、お城の下を流れる川を「比地川」と名付け、おひじの住んでいたところを「比地町」というようになりました。


 
Copyright (c) 2015 Ozu City. All rights reserved.