おおずし キッズウェブ
キッズTOP > くらしと文化 > よみがえる浮世絵(うきよえ)

くらしと文化TOPページ
よみがえる浮世絵(うきよえ)
 
江戸時代の絵は、どうやってつくったのかな?
 
 
浮世絵(うきよえ)の多色刷り(たしょくずり)版画(はんが)を「錦絵(にしきえ)」といいます。錦絵は、江戸時代に大量印刷され販売された絵画(かいが)で、当時の人々の趣味・趣向、流行しているものを題材としました。現代のような機械印刷がなかった江戸時代、木版技術(もくはんぎじゅつ)は最先端(さいせんたん)の印刷技術でした。
錦絵の印刷工程を簡単にみてみましょう。
 
錦絵(にしきえ)の印刷工程(いんさつこうてい)
 
主版とは、作品の輪郭線を彫った板のことを言います。作品のほぼ全体の図柄が彫られている、最も重要な板です。


 
Copyright (c) 2015 Ozu City. All rights reserved.