おおずし キッズウェブ
キッズTOP > くらしと文化 > みごとに復元された大洲城

くらしと文化TOPページ
みごとに復元された大洲城
天守閣の断面図
大洲の天守閣の特徴(とくちょう)は、
4層4階。その断面図
を見てみよう。

曲線の構造物は、一番難しい仕事。1つ1つ丁寧(ていねい)に仕上げました。
樹齢250年の桧(ひのき:直径70cm、高さ30m)を使用しました。
柱は、全て木を使用して
多くの大工さんの力を
合わせて建てました。

天守閣って・・・?

 天守閣の特徴は城によって様々ですが、江戸時代には天守閣の役割を示した『天守十徳』といったものがありました。

 その主な内容としては、城の内外や遠方を展望したり、城主の権威、権勢を示す役割があると考えられてました。


他の城(天守閣)と比べてみょう
 大洲城天守閣の復元工事は、木造(もくぞう)による天守閣の復元工事(ふくげんこうじ)としては日本で4件目となり、日本で初めての4階建て、しかも4層4階の天守閣としては日本一の高さを誇る19.15mで竣工しました。


 
Copyright (c) 2015 Ozu City. All rights reserved.